農業ITの研修講師 お受けしています。

トゥモローズでは、農業ITについての研修講師のご依頼をお受けしています。
あるべき論ではない、すぐに役立つ、実際的・実践的な活用方法にこだわってお話ししています。

 
【トゥモローズの農業IT研修の特徴】
1.全国を取材したリアルケース
  日本全国の等身大の農業IT活用事例を自ら取材
  ・栽培ノウハウためたいケース
  ・スタッフに役立つようにケース
  ・ITの使い分けケース
  ・認証取得ケース など
 
2.等身大で実効性重視のIT活用
  それぞれの農業経営の違いに応じて最適な農業IT活用の道筋を紹介
  万能な農業ITは存在しません。
  どんな作物を栽培しているか、どういう体制で栽培しているか、販路はどこか、・・・
  そういった農業経営課題を解決するために、どういうITがそれぞれに役に立つか。
  それを知ることがとても大切です。
 
3.講師も農業者だからできる地に足の着いた解説
  講師自身が新規就農してブルーベリー栽培をしている農業者。
  日頃のブルーベリー栽培でどのように農業ITを使っているのか。
  具体的に何に役立っているのか。
  机上のあるべき論ではない、実践的な取り組みを紹介します。
 
===青森県営農大学校様===
日程: 2015年6月29日
場所: 青森県営農大学校(青森県上北郡 七戸町大沢48−8)
対象: 青森県営農大学校の学生
講座名:農業分野におけるICTの活用

 
===岩手大学様===
日程: 2015年10月21日
場所: 岩手大学(岩手県盛岡市 上田三丁目18番8号)
対象: いわてアグリフロンティアスクール受講生
講座名:インターネットを利用した農産物マーケティング

 
===北海道富良野市様===
日程: 2015年6月29日
場所: 青森県営農大学校(青森県上北郡 七戸町大沢48−8)
対象: ふらの未来農業ゼミナールの受講生
講座名:農業ITゼミ 農業を見える化するスマホ農業
当日のアンケート結果のPDFをダウンロードできます。

 
===茨城県坂東市 坂東市雇用創造協議会たけのこ様===
日程: 2015年8月24日から6日間コース
場所: 坂東市中心市街地活性化センター
対象: 茨城県坂東市の農業経営者
講座名:進化した農業経営への道!! 農業生産者支援セミナー
※平成25年度から3年連続で実施いたしました。

 
===ITコーディネータ協会様===
日程: 2015年12月19日
場所: ITコーディネータ協会会議室(東京都文京区本駒込2−28−8)
対象: ITコーディネータ
講座名:中小企業支援コンサルティング体験研修 日本農業の現在地と 等身大の農業ICT利活用の実像 ~全国22事例の取材記を通じて~
 
★★★農業ITの研修講師依頼受付中!!★★★
農業者向け、農業行政職員向け、JA職員向け、診断士・税理士・ITコーディネータなどのコンサルタント向け、などなど、農業IT取材記をベースに、対象者に応じて論点をアレンジして、農業ITの現在地をお話しします。

>自治体の皆様
 担い手・後継者 向けに 農業ITの勉強会 を実施しませんか?
 農業ITが今、どこまで来ているのか、全国の農業者のIT事例をわかりやすく解説します。

農業IT勉強会
 
まずはお電話下さい_講演
 
 


クックパッドの「特売情報」 ビジネスモデル考察

クックパッドが2013年から提供している「特売情報」というサービスがあるそうです。
昔からある新聞オリコミチラシのシェアサイト的に近いものですが、自宅近くのスーパー等が登録した特売情報がメール等で案内される。登録している消費者は500万人を超え、参加店も2万店を超えているサービスだとか。
ちなみに、店舗は無料で参加できるようです(有料機能もあり)。

これ、一味違うのは、やはり、レシピとリンクしたサービスであるということだと思います。
特売商品の情報と、ユーザーが投稿したレシピが連動するから、購買意欲が増す。
従来からある広告モデルですが、不特定多数にばらまくのは砂漠に水をまくようなものということで、ターゲットメディアの価値が高まっている。このトレンドは今後も10年スパンで続くのではないでしょうか。
これだけネットに情報があふれていると誰かが整理して教えてほしい。人間は手抜きをするのが習性と言われてます。最近では、インテリアやお弁当の写真をシェアする特化SNSがあったりもします。

ソーシャルメディアの中でも、ターゲットと目的が明確なコミュニティ。まだまだ伸びていきそうです。プラットフォーム提供会社だけでなく、そこが提供するサービスを、中小事業者も上手に使いこなしていきたいですね。

クックパッド 特売情報: https://cookpad.com/bargains/about

(日経MJ 2面 2016年2月29日)


情報のインプットとアウトプットを行う場

これまで自宅兼事務所でやってまいりましたが、ちょっと気合を入れて情報のインプットとアウトプットをしたいということで、書斎として部屋をお借りすることにしました。IoTという新たな大きなムーブメントの中、ここを拠点に情報のキュレーションにトライしていきます。