【中小企業とIoT】

現在進行形で確実に到来しつつあるIoT社会。
各企業が生き残りのためにすべきことは「会社経営のデジタル化である」という
お話をこのコラムでしてきましたが、さて、どこから手をつければいいのでしょうか。
安価になったセンサーを買ってきて会社のどこを可視化するのか。
データベースを構築して会社のどんなナレッジを蓄積するのか。
これらを見定めないことには始めようがありません。

経営者であれば、センサーを使って計測してみたいことや、
システム化・データベース化したいものは、あれもこれもとすぐに思いつくでしょう。
日頃から会社の中には解決したい問題は山積しているものですからね。
ITやIoTを使って効率化できるなら何でも取り組みたい。そう思う経営者の気持ちはよくわかります。
しかしながら経営者も人間ですし、現場で働くのもまた人間です。
集中して取り組めるものは現実にはそんなに多くない。
逆に、取り組み事項を増やせば増やすほど、力が分散し、徹底がおろそかになり、
次第に中途半端になってしまう。やはり、会社の経営強化に直結するポイントに焦点を絞って取り組みたいですよね。

そのために必要なのは、これからどのようにITを活用した経営を進めていくかという計画書、羅針盤です。
筆者は「IT経営ロードマップ」と呼んでいます。
いわゆる経営計画ですが、特にIT徹底活用の視点から整理した経営計画です。
これから会社としてどこに向かっていくのか、何が重要な経営施策になってくるのか、
ITをどのように活用して経営を強化していくのか、そういったビジョンを描くことが先決です。

IT経営ロードマップを描くために必要な視点には次の3つがあります。
1)過去からの変化蓄積によるミスマッチの解消(目の前の課題)
2)競争優位を産み出す仕掛け(未来に向けた打ち手)
3)やるべきことをきちんと高速回転できるインフラ(企業体質の強靭化)
前述の通り、1)は通常すぐに描けるでしょうから、もっとも重要なのは2)です。
ちなみに3)は、経営のPDCAサイクルを回すという主旨なので、2)が決まれば自明となります。

2)にある「未来」とは10年後とします。10年も経てば、経営体制に変化があるでしょうし、
社内の人材も育ってくる、事業環境も大きく変化する、顧客のニーズも今とは違うものになるし、
人の採用や他社との事業連携だってこれまでの前提は通用しなくなってくる。
その時に、あなたの会社はどういう存在であり続けているのでしょう。社会に対してどんな価値を提供しているのでしょう。

10年後の顧客は?商品は?販路はどうなっているでしょう?
10年後の会社の業務プロセスは、どれだけ機械化・自動化されていますか?
社内でやるべき業務とアウトソースするべき業務はどんな基準で分別できますか?
10年後に会社の強みとして持っているべきノウハウはどんなものですか?
技術、品質、サービス、顧客対応、など、何が中核ノウハウになるんでしょう?
10年後にそうあるために、どんな“学び”が会社として必要ですか?
学ぶべきものは明確ですか?どのように学びますか?何を体系化して引き継いでいくべきですか?
そして、その10年後の会社のために、今から段階的に、ITやIoTをどのように徹底活用していきますか?

先日セミナーでお会いした建築関係の中小企業は、自社が扱う建築資材の業界横断的な
トレーサビリティのインフラを構築することを未来図として描き、そのために、
どんなIoT技術が使えるのか、積極的に質問されていました。
埼玉の事業用サービス会社では、10年先を見据えた会社の経営戦略を策定した上で、
ITとIoT活用の明確なビジョンを定め、その取り組みの第一歩として、この4月から、
センシングすべき業務個所と方法を調査研究するプロジェクトをスタートします。

さあ、あなたの会社もIT経営ロードマップを描くことから始めましょう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「多摩IoT Forum(TIF)通信」に寄稿したバックナンバーを許可をいただいて転載しています。
 東京都中小企業振興公社 多摩支社 HP http://www.technology-tama.jp/
 セミナー等の開催報告 http://www.technology-tama.jp/ipf/etc/